”腰痛” は、二足歩行になった人類の宿命?

「”腰痛” は、二足歩行を手に入れた人類の宿命である」と言われる事があります。

果たしてそうなのでしょうか?

”腰痛”が、「人類の宿命」であるならば、世界中の人が一人残らず全員が腰痛持ちと言う事になります。
そうでしょうか?


少なくとも私自身は現在、腰痛はありません。
(もちろん、怪我や事故などで負傷した場合は痛みはあるでしょう。今回は慢性的な腰痛をテーマにしています)

生物の進化の過程で、不都合があれば、その方向へは進化しないでしょう。
あるいは、絶滅してしまうかも。
二足歩行も方が、より良く進化できるので、人類はその道を選んだのだと考えます。
つまり、構造的は問題が無いのです。

構造的に問題が無いのであれば、慢性的な腰痛の原因は何でしょう?

それは、使い方です。

いくら高性能な機械や道具でも、説明書の通りに正しい使い方をしなければ、その性能を発揮できないばかりか、壊れてしまう事にもなりかねません。

人間の身体も同様です。
正しい使い方をしないと、諸々の不都合が出てきます。

しかし、自分の身体の使い方は、意外と知らないものですよね。
次回は、その使い方をもう少し具体的にお話します。

港区の訪問トレーニングぴゅあさぽで身体の使い方を覚えましょう。
それでは、今週も絶好調で過ごしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA