腰を痛めない持ち方とは

さらにさらに前回までの続きです。

前回は、重たい荷物を持つ時に、
腰を痛めやすい姿勢と痛めにくい姿勢のお話をしました。
今回は、持ち上げ方のお話です。

この写真のように、背中が丸まった姿勢から

腕を使って持ち上げると、腰を痛めやすいです。

では、どうすれば良いか。
前回お話した、背中を真っ直ぐにした姿勢から

脚を使って立ち上がると、腰を痛めず楽に持ち上げられます

太腿や臀部の筋肉は、大きな筋肉なので、大きな力が発揮できるのです。
この時、腕は荷物を持つだけ。持ち上げません。
背中は真っ直ぐの姿勢を保持してください。

いかがでしょうか?
このような動きは、エクササイズをする事で覚えられます。
腰を痛めてしまわないように、港区の訪問トレーニングぴゅあさぽにご相談ください。
今週も絶好調で!




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA