今日、手を頭上に挙げましたか?


お気付きでしょうか。
日常生活の中では、手はほとんど身体の前方に位置してるんですよね。

 

パソコン、スマホ、読書、食事、車の運転、などなど。

頭上に手を挙げたり、背中より後ろに引いたり、
という動作はなかなかやっていない事が多いのです。
今、” 手 ” と書きましたが、” 肘 ” と考えて頂いた方が正解。
つまり、上腕骨の動き=肩の関節の動きです。

本来、肩の関節は色々な方向へ動かす事ができますが、
やらない動きは、やれなくなって来ます
いざ、動かそうとすると痛みが出たり。。。(涙)

普段から、なるべく動かしましょう!
詳しくは、港区の訪問トレーニングぴゅあさぽにご相談ください。
今週も絶好調で!

この痛みは、四十肩?五十肩?

ある程度の年齢を重ねた所で、肩に痛みが出ると、「ああ、四十肩(五十肩)かな・・・」と言う事がありますよね。
一般的には、四十歳代、五十歳代位になって肩が痛いと、どれも「四十肩(五十肩)」と言ってしまう事が多いようです。つまり「四十肩」も「五十肩」も肩の痛みの総称と言えそうです。

あなたの肩の痛みは、どのようなものでしょうか?

実際には、「肩関節周囲炎」の事を四十肩あるいは五十肩と言います。
他に肩の痛みとして代表的なものは、「インピンジメント症候群」や「回旋筋腱板炎」などがあります。詳細は割愛しますね。

肩の関節は動かせる範囲が大きく、色々な動作で活躍する重要な部位です。逆にその分デリケートなので、ケアする事が大切ですね。

運動不足が原因で肩に痛みを発症する事も意外と多いのです。組織が癒着してしまったり筋肉が拘縮してしまったり。
これらは、肩を適度に動かす事(=運動やストレッチ)で予防・改善できます。

詳しくは、港区の訪問トレーニングぴゅあさぽにご相談ください。
今週も絶好調で過ごしましょう!