「筋トレ」って誰のもの?

「筋トレって、ムキムキマッチョの人がするもの」
と言うイメージがあるようです。
なるほど、トレーニングジムのサイトや広告を見ると、
トレーナーさんは身体が大きくてマッチョの人が多く、
「○○○○コンテスト入賞」などの文字が強調されている。
それを目指したい人のニーズには合っているのでしょうね。

ですが、一般の人にはそれらを敬遠してしまう人もいるようです。
特に高齢者や低体力者の方々には、その傾向があります。
「自分にはできない」など、運動意欲を遠ざけてしまうのですね。

私は、高齢の方や低体力の方ほど、“ 筋力トレーニング ” が必要だと考えています。
加齢と共に筋肉量は減少してしまいますし、体力が低いからこそ、向上させたい
ですから、マッチョな人が行う「筋トレ」とは内容が異なります。
それぞれの目的や体力に合わせた “ 筋力トレーニング ” を行う事が必要なのです。

ただし、その方法をご存知無い方が多い。
決して難しい事をするのではないのです。
それを広く伝えて行くのが私達の役目だと思っています。
詳しくは、港区の訪問トレーニングぴゅあさぽにご相談ください。
今週も絶好調で!

今日、手を頭上に挙げましたか?


お気付きでしょうか。
日常生活の中では、手はほとんど身体の前方に位置してるんですよね。

 

パソコン、スマホ、読書、食事、車の運転、などなど。

頭上に手を挙げたり、背中より後ろに引いたり、
という動作はなかなかやっていない事が多いのです。
今、” 手 ” と書きましたが、” 肘 ” と考えて頂いた方が正解。
つまり、上腕骨の動き=肩の関節の動きです。

本来、肩の関節は色々な方向へ動かす事ができますが、
やらない動きは、やれなくなって来ます
いざ、動かそうとすると痛みが出たり。。。(涙)

普段から、なるべく動かしましょう!
詳しくは、港区の訪問トレーニングぴゅあさぽにご相談ください。
今週も絶好調で!

この痛みは、四十肩?五十肩?

ある程度の年齢を重ねた所で、肩に痛みが出ると、「ああ、四十肩(五十肩)かな・・・」と言う事がありますよね。
一般的には、四十歳代、五十歳代位になって肩が痛いと、どれも「四十肩(五十肩)」と言ってしまう事が多いようです。つまり「四十肩」も「五十肩」も肩の痛みの総称と言えそうです。

あなたの肩の痛みは、どのようなものでしょうか?

実際には、「肩関節周囲炎」の事を四十肩あるいは五十肩と言います。
他に肩の痛みとして代表的なものは、「インピンジメント症候群」や「回旋筋腱板炎」などがあります。詳細は割愛しますね。

肩の関節は動かせる範囲が大きく、色々な動作で活躍する重要な部位です。逆にその分デリケートなので、ケアする事が大切ですね。

運動不足が原因で肩に痛みを発症する事も意外と多いのです。組織が癒着してしまったり筋肉が拘縮してしまったり。
これらは、肩を適度に動かす事(=運動やストレッチ)で予防・改善できます。

詳しくは、港区の訪問トレーニングぴゅあさぽにご相談ください。
今週も絶好調で過ごしましょう!

ネットで見た “良い姿勢 ” は、あなたにとって “良い姿勢 ” ?

健康に関心のある方や、腰などを痛めた事のある方は、
姿勢について考えた事があるのではないでしょうか。

ネットや書籍、テレビなどのメディアにも、“ 良い姿勢 ” の情報がたくさん載っていますね。
「身体の軸を作る」、「頭から踵を一直線に」、「耳、肩、腰、膝、くるぶしが同一線上に」、「頭のてっぺんと足の両方で上下に引っ張り合う」などなど。
どれも「なるほど」と言うものばかり。ご自分でピンと来たものを取り入れると良いと思います。

ところで、人の体型や骨格はそれぞれですし、長年の習慣や癖などで、なかなかその “ 良い姿勢 ” を作れない方もいらっしゃいます。

では、どうすれば良い?

ご自分のできる事をやれば良いのです。目指すは自己ベスト!
骨格を変えるのは無理としても、筋肉のバランスは変えられます。
トレーニングやストレッチングで、整えれば身体は変わります。
自分にとっての “ 良い姿勢 ” を作りましょう。

人の数だけ “ 良い姿勢 ” があるとも言えるのでは?
港区の訪問トレーニングぴゅあさぽにご相談ください。
今週も絶好調で!

腰を痛めない持ち方とは

さらにさらに前回までの続きです。

前回は、重たい荷物を持つ時に、
腰を痛めやすい姿勢と痛めにくい姿勢のお話をしました。
今回は、持ち上げ方のお話です。

この写真のように、背中が丸まった姿勢から

腕を使って持ち上げると、腰を痛めやすいです。

では、どうすれば良いか。
前回お話した、背中を真っ直ぐにした姿勢から

脚を使って立ち上がると、腰を痛めず楽に持ち上げられます

太腿や臀部の筋肉は、大きな筋肉なので、大きな力が発揮できるのです。
この時、腕は荷物を持つだけ。持ち上げません。
背中は真っ直ぐの姿勢を保持してください。

いかがでしょうか?
このような動きは、エクササイズをする事で覚えられます。
腰を痛めてしまわないように、港区の訪問トレーニングぴゅあさぽにご相談ください。
今週も絶好調で!




腰を痛めやすい姿勢とは

前回の続きで、身体の使い方の一例です。
腰を痛めやすいので、気を付けて頂きたい動作ですね。

日常、重たい荷物を持ち上げる際、
まずは中腰の姿勢になりますよね。

この時に、背中が丸まってしまうと、腰椎に大きな負担が掛かります。
腰を痛めやすい姿勢です。

下の写真のように、背中を真っ直ぐにした姿勢を作ると、
腰椎への負担は軽くなり、腰を痛める恐れは少なくなります

「それは解っている」と言う方もいらっしゃるでしょう。
頭では理解していても、実際にその動作を行う時には、意外と忘れていて、
気が付かないまま丸まった姿勢でやってしまったり。
痛めてから、「そうだった!うっかりしてた!」と言う事も。。。

腰を痛めないように、訪問トレーニングぴゅあさぽ 
では、今週も絶好調で過ごしましょう!

”腰痛” は、二足歩行になった人類の宿命?

「”腰痛” は、二足歩行を手に入れた人類の宿命である」と言われる事があります。

果たしてそうなのでしょうか?

”腰痛”が、「人類の宿命」であるならば、世界中の人が一人残らず全員が腰痛持ちと言う事になります。
そうでしょうか?


少なくとも私自身は現在、腰痛はありません。
(もちろん、怪我や事故などで負傷した場合は痛みはあるでしょう。今回は慢性的な腰痛をテーマにしています)

生物の進化の過程で、不都合があれば、その方向へは進化しないでしょう。
あるいは、絶滅してしまうかも。
二足歩行も方が、より良く進化できるので、人類はその道を選んだのだと考えます。
つまり、構造的は問題が無いのです。

構造的に問題が無いのであれば、慢性的な腰痛の原因は何でしょう?

それは、使い方です。

いくら高性能な機械や道具でも、説明書の通りに正しい使い方をしなければ、その性能を発揮できないばかりか、壊れてしまう事にもなりかねません。

人間の身体も同様です。
正しい使い方をしないと、諸々の不都合が出てきます。

しかし、自分の身体の使い方は、意外と知らないものですよね。
次回は、その使い方をもう少し具体的にお話します。

港区の訪問トレーニングぴゅあさぽで身体の使い方を覚えましょう。
それでは、今週も絶好調で過ごしましょう!

今、座ってますか?

「日本人は座り過ぎ」というデータがあります。

オーストラリアの研究機関の調査によると、日本人の成人が平日に座っている時間は、1日7時間で、世界20カ国の中で最長なのだそうです。長時間座り続けることで血流や筋肉の代謝が低下し、心筋梗塞、脳血管疾患、肥満、糖尿病、がん、認知症など健康に害を及ぼす危険性が指摘され、さらにメンタルヘルスにも影響を与えるといわれています。(スポーツ庁Web広報マガジンより)

このような事にも、気を付けたいのですが、別の観点でもお伝えしたい事があります。

椅子でも床でも、座っていると膝、股関節は曲がったままです。おそらく肘も曲げている状態が多いでしょう。このカタチに(良くない意味で)適応してしまう恐れがあるのです。つまり、膝や股関節、肘を伸ばす筋肉が衰えてしまう。背中も丸まっている人も多いですね。そのカタチで固まってしまうと、猫背にもなりかねません。
お年寄りに見られる姿勢を思い浮かべてください。背中、腰が丸まって、肘や膝が曲がったまま。伸ばす筋肉が弱ってしまうと、このような姿勢になりやすいのです。

身体を伸ばす筋肉を衰えないようにする事が重要です。

伸ばす筋肉を鍛えよう!港区の訪問トレーニングぴゅあさぽ
では、今週も絶好調で過ごしましょう!

人は適応する

人の身体は、良くも悪くも、その環境や状況などに適応します。
運動習慣がある人は、 ” 動きやすい身体 ” を獲得できますし、
運動習慣がない人は、動きにくくなるかも知れません。

ドイツの学者 ルーさんの言葉 「ルーの法則」 が下記です。
「身体(筋肉)の機能は適度に使うと発達し、使わなければ萎縮(退化)し、過度に使えば障害を起こす」

特に「使わなければ萎縮(退化)」は、見過ごせませんね。
これを 「廃用性萎縮」と言います。
加齢と共に、筋肉量は減少し、筋力も低下します。
ですから、なるべくそれを食い止めたい。
その為には、定期的な運動が重要です。

港区の訪問トレーニングぴゅあさぽで、運動習慣を身に付けましょう。
今週も絶好調で!

杖無しで歩けるように

事故の後の母は、外出の時は杖を使って歩いていたのですが、私が定期的にリハビリを行った事で、今では杖無しで歩けるようになりました。

振り返ったり、椅子から立ち上がったりした時の「めまい」は変わらないのですが、それ以外の日常生活は、普通にできるようになりました。今では、旅行なども楽しんでいます。

母が杖を使い始めた頃から、杖を突いて歩いている人の多さに気が付きました。それまでにも目にしていたのでしょうが、それほど気にしていなかったのでしょう。

この方々を、杖無しで歩けるようにして差し上げたい。そして日常の生活が、もっと無理無く過ごせれば・・・。
ぴゅあさぽ ” は、そういう想いで、トレーニングをご提供しています。
もちろん、杖を使うようになった理由はそれぞれあるでしょうし、全員が杖無しで歩けるようになれるかは分かりません。 ですが、そうなって欲しい、というのが私の想いです。